前へ
次へ

日本の法律は、宗教法人法に甘いその裏側の話し

日本の法律は、宗教法人法によって、宗教団体を守っています。
全ての宗教関係は、宗教法人法によって守られてる訳ではありません。
国が、宗教法人として認定を受けた宗教団体に限ります。
宗教の教えは、本質として、お金を稼ぐ目的ではありません。
宗教は、国民の精神的な拠り所であり、公共性の高い内容でもあるはずです。
そのため、一般法人とは違う法律で守らなければならないでしょう。
宗教法人法は、公益性を守る意味合いが強く持ち合わせています。
例えば、宗教施設や土地などには、抵当権がかけらない規制があります。
抵当権とは、お金を貸す代わりに、その保証として、払われない時に土地を譲り受ける権利です。
抵当権が付いてしまえば、宗教団体に対して第三者が宗教団体に圧力をかけれる可能性があり、公共性が失われる環境が現れてしまいます。
宗教法人は、税金面で優遇されていますが、決して全てが無税ではありません。
大きな神社やお寺などは、運営のために人員を雇っている場合もあります。
その人員へは、給料として支給している場合もあり、個人としては所得税を払わなければならないのです。
宗教団体の中には、お土産などを販売する中で、営利活動されている場合もあります。
その行為は、一般法人と変わらず、しっかりと税金を納めなければなりません。

Page Top