前へ
次へ

未払い残業代を企業に請求することができる

残業代の未払いがかなりの金額となっていると考えられる場合、弁護士などの法律の専門家を通じて未払い賃金の請求を行えば、過去に遡って支払いを受けることができることがあります。
企業側に請求をする場合、未払いの残業時間を証明することが必要となるので、残業をしていた時間がわかる資料などを取得しておくことが重要となります。
証拠として有効となる資料としては、就業規則のコピーやタイムカードのコピーなどがあり、業務上のメールの送信履歴なども証拠として役立つことがあります。
どのような資料が重要となるか判断が難しい時には、事前に弁護士などの法律の専門家に相談をしながら集めたほうが良い資料を判断していくと良いでしょう。
証拠がある程度揃った場合には、企業側に未払い残業代の支払い交渉をすることとなりますが、交渉を自分自身で行うよりも弁護士の先生にお願いしたほうが、企業側も話を聞いてくれることが多いでしょう。
ただし、弁護士に対して報酬の支払いが必要になってしまいます。

Page Top